スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村勘三郎、先祖ゆかりの名古屋公演で幸せ感じる

名古屋城の城壁をバックに「法界坊」で熱演する中村勘三郎(左)と中村橋之助

 歌舞伎俳優・中村勘三郎(54)が率いる「名古屋平成中村座」公演の舞台げいこが3日、公開された。

 名古屋開府400年祭プレイベントとして名古屋城二の丸広場に芝居小屋を建てた。中村屋の先祖は名古屋の中村地区出身ということもあり勘三郎は「このような縁のある所で、しかも名古屋城の中でやらせていただける幸せを感じながら毎日務めさせていただきます」と感激。平成中村座は東京、大阪をはじめ、ニューヨーク、ベルリンでも公演を成功させており、満を持しての名古屋公演。昼の部「法界坊」、夜の部「元禄花見踊」では舞台の奥が開き、城の石垣をバックに俳優の熱演が見られる。公演は4~26日。

スポーツ報知
20090904-693607-1-N.jpg
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

最新記事


カテゴリ

歌舞伎 (542)
文楽 (75)
公演イベント情報 (0)
展覧会 (0)
未分類 (17)
ゆかりの地 (15)
幕の内外 (48)
雑誌など (1)

検索フォーム


月別アーカイブ


プロフィール

まこ

Author:まこ
われ日本の伝統芸能を愛す。そのため記事をここに書きとめ候。参考にされるならば、またうれし。ともに伝統芸能にはまろうではないか。
なんちゃってね。
あれ、どこで読んだんだっけなと探すことが多いので、ここにたんたんと書き留めることにしました。最新あり、遅いのもあり。鷹揚のご見物を♪


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。