スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ふるさと便り】徳島でシスティーナ歌舞伎

2009.9.9 20:21産経

バチカンの礼拝堂壁画を立体復元した「システィーナ・ホール」で上演された新作歌舞伎=徳島県鳴門市

 徳島県鳴門市の大塚国際美術館は、バチカンのシスティーナ礼拝堂天井画と正面祭壇壁画を再現した「システィーナ・ホール」を舞台に、“システィーナ歌舞伎”と銘打って新作歌舞伎「切志丹寺(きりしたんでら)異聞 伽羅沙(ガラシャ)」を上演した。2日間の公演で延べ約1500人が見物に訪れ、西洋美術の「洋」と伝統的な歌舞伎の「和」のコラボレーション舞台を満喫した。

 公演は松竹の制作で、同舞台が初演。梅若六郎氏の新作能「伽羅沙」をモチーフに、荘厳な雰囲気を持つ「システィーナ・ホール」の空間に合わせて歌舞伎舞台化した。悲運の細川ガラシャ役は実力派女形の上村吉弥さん、ガラシャの夫・細川忠興役は若手花形の坂東薪車さんが演じた。

 巨匠ミケランジェロの祭壇壁画を背景にした同ホールの舞台は、長唄や囃子(はやし)、琴などの邦楽と、オルガンや聖歌隊による西洋の教会音楽が見事に融合し、観客らは厳粛なムードの中で繰り広げられる伝統芸能に酔いしれた。

 荘厳な礼拝堂の雰囲気を効果的に使う構成は、同美術館ならではの企画で、県内外から訪れた歌舞伎ファンや美術ファンを大いに魅了していた。
tnr0909092022006-n1.jpg
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

最新記事


カテゴリ

歌舞伎 (542)
文楽 (75)
公演イベント情報 (0)
展覧会 (0)
未分類 (17)
ゆかりの地 (15)
幕の内外 (48)
雑誌など (1)

検索フォーム


月別アーカイブ


プロフィール

まこ

Author:まこ
われ日本の伝統芸能を愛す。そのため記事をここに書きとめ候。参考にされるならば、またうれし。ともに伝統芸能にはまろうではないか。
なんちゃってね。
あれ、どこで読んだんだっけなと探すことが多いので、ここにたんたんと書き留めることにしました。最新あり、遅いのもあり。鷹揚のご見物を♪


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。