スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌舞伎:九月大歌舞伎(歌舞伎座) 変化をきかせる吉右衛門の光秀


 昼の最初が「竜馬がゆく 最後の一日」(司馬遼太郎作・演出、齋藤雅文脚本・演出)。3部作の最後。竜馬(染五郎)が暗殺される一日に、その人生を凝縮させて描く。染五郎、松緑、芝のぶ、男女蔵が好演。

 続く「桔梗旗揚(ききょうのはたあげ)」は「饗応」から「連歌」まで。「馬盥(ばだらい)」の怒りを抑えた花道の入り、「連歌」での上使を切り、三方を踏み砕いて本心を現すすごみなど、吉右衛門の光秀が変化をきかせる。富十郎の春永、芝雀の桔梗、魁春の皐月。

 「お祭り」は芝翫の芸者。歌昇、染五郎、松緑らの鳶頭(とびがしら)、芝雀、孝太郎の手古舞と、華やかでゆったりとした世界を展開する。

 最後が「河内山」。権力に屈せず、したたかな河内山を、幸四郎が緩急をつけて見せる。梅玉の松江侯が短気さをうまく出した。

 夜が「比翼稲妻」から染五郎の名古屋、松緑の不破、芝雀の留女による「鞘当(さやあて)」と「鈴ケ森」。梅玉の権八が柔らかさの底に強さのある美しい若衆ぶり。吉右衛門の長兵衛に胆力と情が出た。

 「勧進帳」は幸四郎の弁慶、吉右衛門の富樫、染五郎の義経。弁慶と富樫の問答に緊迫感が出た。「滝流し」まで力のこもった弁慶である。富樫からは義経主従を逃がす覚悟が強く感じられた。義経に品位がある。

 最後が「松竹梅湯島掛額」。吉右衛門の長兵衛が理屈抜きの喜劇を闊達(かったつ)に演じる。福助が「櫓(やぐら)のお七」で鮮やかな人形ぶりを見せる。26日まで。【小玉祥子】

毎日新聞 2009年9月17日 東京夕刊

スポンサーサイト

«  | HOME |  »

最新記事


カテゴリ

歌舞伎 (542)
文楽 (75)
公演イベント情報 (0)
展覧会 (0)
未分類 (17)
ゆかりの地 (15)
幕の内外 (48)
雑誌など (1)

検索フォーム


月別アーカイブ


プロフィール

まこ

Author:まこ
われ日本の伝統芸能を愛す。そのため記事をここに書きとめ候。参考にされるならば、またうれし。ともに伝統芸能にはまろうではないか。
なんちゃってね。
あれ、どこで読んだんだっけなと探すことが多いので、ここにたんたんと書き留めることにしました。最新あり、遅いのもあり。鷹揚のご見物を♪


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。