スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌舞伎座:泉鏡花の「海神別荘」「天守物語」 玉三郎と海老蔵の共演で--7月

 ◇「演じていても清涼感ある」
 7月の歌舞伎座(東京・銀座)で泉鏡花の2作品が上演される。坂東玉三郎と市川海老蔵が共演する。

 昼の部が「海神別荘」(戌井市郎、玉三郎演出)。玉三郎の美女と海老蔵の公子の取り合わせでは3回目となる。

 海の公子は陸の美女のこし入れを待っていた。美女は生け贄(にえ)として海にささげられ、最初はおびえていたが、気高い公子に次第に引かれていく。

 夜の部は「天守物語」。主役の富姫は玉三郎のあたり役。海老蔵は相手役の姫川図書之助を1996年に初演し、4回目となる。

 姫路城の天守閣に住む魔物の富姫は、妹分の亀姫(中村勘太郎)を招いて宴を開いていた。図書之助は城主に命じられて天守の探索に来るが、富姫と恋に落ちる。

 玉三郎は「『海神』では、公子の住む海の常識に、陸はいつも否定されている。『天守』では、富姫がよそから来る者を、天守の常識に合うかどうか試します。美女は公子の気持ちを受けて、すべてを理解しますが、図書之助は下の世界から追いつめられて他動的に理解する。そこが2作品の違いです」。

 海老蔵は「公子は彼自身が海。そこを理解するのが難しい。演じるのは2年ぶりです。以前よりは公子の心の豊かさ、平和への思いを理解できるようになりました。図書之助は19歳で初演しました。彼は無垢(むく)なところがある。初演から比べると、僕自身の無垢さがだいぶ薄れているので、昔の自分に負けないようにやらなければ」。

 玉三郎は「高野聖」「山吹」「日本橋」「滝の白糸」など、鏡花作品を数多く演じてきた。「鏡花作品には清らかさがある。それが魅力です。演じていても清涼感があります」

 海老蔵は夜の部で「夏祭浪花(なにわ)鑑(かがみ)」の団七九郎兵衛も演じる。

 7月3日から27日まで。問い合わせは03・5565・6000へ。【小玉祥子】

毎日新聞 2009年6月25日 東京夕刊
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

最新記事


カテゴリ

歌舞伎 (542)
文楽 (75)
公演イベント情報 (0)
展覧会 (0)
未分類 (17)
ゆかりの地 (15)
幕の内外 (48)
雑誌など (1)

検索フォーム


月別アーカイブ


プロフィール

まこ

Author:まこ
われ日本の伝統芸能を愛す。そのため記事をここに書きとめ候。参考にされるならば、またうれし。ともに伝統芸能にはまろうではないか。
なんちゃってね。
あれ、どこで読んだんだっけなと探すことが多いので、ここにたんたんと書き留めることにしました。最新あり、遅いのもあり。鷹揚のご見物を♪


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。