スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<歌舞伎>西コース 『近松座』 東コース 仁左衛門

2009年6月27日 東京

 全国公立文化施設協会主催「松竹大歌舞伎」西コースは、久しぶりに坂田藤十郎主宰の近松座が八月三十一日の埼玉・川口総合文化センターを振り出しに、九月二十五日まで全国十九カ所を巡演する。演目は近松門左衛門の「冥途(めいど)の飛脚」を基にした「恋飛脚大和往来 封印切 新町井筒屋の場」と、河竹黙阿弥作「連獅子」。また、これより一足早く、片岡仁左衛門率いる東コースが今月三十日から全国二十四カ所を駆け巡る。 (小林泰介、剱和彦)

 「近松座」は坂田藤十郎が江戸・元禄時代に活躍した劇作家・近松門左衛門の作品を通し、上方歌舞伎の原点である和事芸を探求するため、昭和五十七年に旗揚げ公演した一座。国内はもとより、ロシア、米国など海外公演も多く手掛けてきたことで知られる。今回は、一昨年九月の中国公演以来二年ぶりとなる。

 「封印切」は藤十郎演じる忠兵衛と、今回初演となる孫の中村壱(かず)太郎の遊女・梅川の悲恋物語。藤十郎と長男の中村翫雀の息子・壱太郎との共演も大きな話題。

 「孫とラブシーンを演じるのは、歌舞伎界でも初めてのことでは?」と笑いながらも、「おじいちゃんと孫が演じている、ということはみじんも感じさせないように頑張りたい」と藤十郎。

 壱太郎は「祖父であると同時に、大先輩と共演できるチャンスに感謝しています。何もかも初めてでワクワクしています」と話す。

 「口上」も地方巡業という場に合わせ、今回は「御挨拶(ごあいさつ)」と変え、「親しくお客さまに話しかけることで、上方歌舞伎の味わいを出していきたい」と、藤十郎は意気込む。

 さらに「原作でははずみで封印が切れるが、芝居では愛の強さゆえに忠兵衛がご法度の封印を切ってしまう。上方歌舞伎の独特の間と動作をぜひとも観(み)ていただきたい」と結んだ。

 片岡仁左衛門の「松竹大歌舞伎」東コースは、三十日の初日が東京・江戸川区総合文化センター。演目は三大義太夫狂言の一つ「義経千本桜」から「下市村・茶店の場」と、おなじみの「同・釣瓶鮓屋(つるべすしや)の場」。

 仁左衛門のいがみの権太、妹・お里は長男の片岡孝太郎、梶原景時を片岡愛之助、弥助実は平維盛を片岡秀太郎ら。仁左衛門はセリフも上方言葉を使うところに特徴がある。

 大和の釣瓶鮓屋の息子ながら、素行が悪く親から勘当された権太。今日も旅人の平維盛の妻・若葉の内侍(ないし)(市川高麗蔵)、息子の六代の君、家来の主馬(しゅめの)小金吾(愛之助)らをだまして金を巻き上げていた。鮓屋では父・弥左衛門(坂東竹三郎)が奉公人に化けた維盛をかくまっていたが、これを知った敵方の梶原景時がその首を差し出すよう迫る。金もうけになるとみて権太は、訴えに走るが…。

 仁左衛門は「東京と大阪で演出が違いますが、それを混ぜてテンポを良くし、お客さまに楽しんでもらえれば。権太は女房に甘えがあり、悪でありながらどこか優しいところがある人物」と話す。

 もうひとつは歌舞伎舞踊「正札附根元草摺(しょうふだつきこんげんくさずり)」で、曽我五郎を愛之助、小林妹・舞鶴を孝太郎。

     ◇

 首都圏の日程は次の通り。「西コース」9月1日神奈川・よこすか芸術劇場。「東コース」7月1日神奈川・厚木市文化会館▽2日東京・練馬文化センター▽3日同八王子市芸術文化会館▽18日埼玉・埼玉県熊谷会館▽19日神奈川・鎌倉芸術館▽29日埼玉・サンシティ越谷市民ホールなど。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

最新記事


カテゴリ

歌舞伎 (542)
文楽 (75)
公演イベント情報 (0)
展覧会 (0)
未分類 (17)
ゆかりの地 (15)
幕の内外 (48)
雑誌など (1)

検索フォーム


月別アーカイブ


プロフィール

まこ

Author:まこ
われ日本の伝統芸能を愛す。そのため記事をここに書きとめ候。参考にされるならば、またうれし。ともに伝統芸能にはまろうではないか。
なんちゃってね。
あれ、どこで読んだんだっけなと探すことが多いので、ここにたんたんと書き留めることにしました。最新あり、遅いのもあり。鷹揚のご見物を♪


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。