スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌舞伎:中村七之助が「桜姫」で主演 大竹しのぶが演じた現代劇の桜姫と連続上演

 ◇二重、三重のおもしろさある--シアターコクーンで
 中村七之助が東京・渋谷のシアターコクーンで上演中の歌舞伎「桜姫」(串田和美演出)で、桜姫を演じている。【小玉祥子】

 6月の福岡・博多座で「金閣寺」の雪姫を初演するなど、大役が続く。「充実していますが大変です」と七之助。「雪姫は縛られているし、役として終始悲しい気持ちで、やっていて何も楽しくなかった。やはり、これは大変な役だと思いました」

 コクーンでは6月、鶴屋南北作品を現代劇に書き換えた「桜姫」(長塚圭史脚本、串田演出)が、大竹しのぶの桜姫により上演された。舞台上にも客席が設けられ、観客が前後左右から芝居を注視できる仕掛けになっていた。その形式は今回も引き継がれている。

 「全部見られてしまう。6月の舞台を拝見していて、汗が出て胃が痛くなりました」

 桜姫は吉田家の息女から遊女にまで身を落とす。彼女は実は僧の清玄(中村勘三郎)と心中をはかり、命を落とした白菊丸の生まれ代わり。生き残った清玄はそれを知り、桜姫につきまとう。だが、桜姫が愛したのは悪党の権助(中村橋之助)だった。

 「大竹さんと僕という2人の人間が桜姫を連続して演じますが、桜姫にも実は白菊丸というもう一人の自分がいる。今回の企画には二重、三重のおもしろさがありますね」

 歌舞伎の登場人物の中で桜姫のように、ためらいなく落ちていく女性は少ないだろう。

 「水のような女性で、状況に抵抗しないところが魅力。それがお姫様というものなんですね。人の言うがままに生きているようでありながら、わがままだし、信じる人のためには自分から進んで身を売ってしまう。きっとダメな男を好きな女性なんでしょうね」

30日まで。問い合わせは03・5565・6000へ。 7月13日毎日夕刊

スポンサーサイト

«  | HOME |  »

最新記事


カテゴリ

歌舞伎 (542)
文楽 (75)
公演イベント情報 (0)
展覧会 (0)
未分類 (17)
ゆかりの地 (15)
幕の内外 (48)
雑誌など (1)

検索フォーム


月別アーカイブ


プロフィール

まこ

Author:まこ
われ日本の伝統芸能を愛す。そのため記事をここに書きとめ候。参考にされるならば、またうれし。ともに伝統芸能にはまろうではないか。
なんちゃってね。
あれ、どこで読んだんだっけなと探すことが多いので、ここにたんたんと書き留めることにしました。最新あり、遅いのもあり。鷹揚のご見物を♪


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。