スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能楽堂と文楽劇場で「テンペスト」競演 日本の古典演者が料理

2009.7.7 08:03 産経

文楽版「テンペスト」 シェークスピア最晩年のロマンス劇「テンペスト」と日本の伝統芸能が顔を合わせるユニークな舞台が2作品、今月に相次いで上演される。片や新潟と東京では能楽師も参加して能楽堂で演じられるのに対し、こなた大阪では文楽の太夫や人形遣いらが挑戦する。イギリスの古典劇を日本の古典芸能の演者たちがどう料理するのか、興味深い舞台になりそうだ。(生田誠)

 9日から新潟市中央区のりゅーとぴあ能楽堂、18日から東京・南青山の銕仙会(てっせんかい)能楽研修所で上演されるのは、りゅーとぴあのアソシエイトディレクターを務める栗田芳宏が演出、出演する「テンペスト」。テンペストとは嵐の意味で、絶海の孤島を舞台に、ミラノ大公プロスペローやその弟のアントーニオらによる謎めいた物語が展開される。

 栗田はこれまでも「マクベス」や「リア王」などのシェークスピア作品を能舞台で上演してきたが、今回は津村禮次郎(れいじろう)がこのシリーズで初めての能楽師として参加、空気の精、エアリエル役を務める。

 「能は14世紀、シェークスピアは16世紀で、能が200年勝っている。どちらも言葉を大切にした野外劇であり、似ているところもある」と津村。特別な空間である能舞台の隅々まで熟知した津村が加わることで、シェークスピアの中でも複雑な構造をもつこの作品が上演できるという。


 「栗田さんは、テンペストの舞台で成功した例はあまりないと話していたが、私が能の面(おもて)を付けるエアリエル役で参加することで、妖精たちの存在をうまく見せたい」と話す。能と同様に舞台装置は使わず、音楽も笛と大鼓(おおつづみ)だけ。シンプルな和の空間と音で、難解な芝居をわかりやすくする。

 一方、文楽版の「テンペスト」は「天変斯止嵐后晴(てんぺすとあらしのちはれ)」のタイトルで、18日から大阪・日本橋の国立文楽劇場で上演される。平成4年に文楽へ移入し、中世の日本の物語に置き換えたもので、今回は美術や脚本を大幅に変更。本格的な文楽舞台での公演は初めてとなる。

 「前回は英国公演のために急いで書き上げて、推敲(すいこう)もできなかった。再演のために読み直して、エピローグの場面を加えることにした。ラストは文楽にはない手法で、太夫ひとりにスポットを当てる演出になる」と脚本・演出の山田庄一は言う。初演のときは抽象的な舞台装置を使ったが、今回は文楽の古典的な装置での上演となる。

 妖精や怪獣なども登場するが、「日本にはない概念なので、(人形を)作るときに苦労した。妖精は宙乗りを使って表現する」と山田。人形遣いの吉田玉女も「スケールの大きさを出せればいい」と意欲をみせていた。

 能楽堂版「テンペスト」は新潟公演が9~12日、東京公演が18~20日。TEL03・3466・0944。文楽版「天変斯止嵐后晴」は大阪公演18日~8月5日の後、東京・隼町の国立劇場小劇場で9月5~23日。TEL0570・07・9900。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

最新記事


カテゴリ

歌舞伎 (542)
文楽 (75)
公演イベント情報 (0)
展覧会 (0)
未分類 (17)
ゆかりの地 (15)
幕の内外 (48)
雑誌など (1)

検索フォーム


月別アーカイブ


プロフィール

まこ

Author:まこ
われ日本の伝統芸能を愛す。そのため記事をここに書きとめ候。参考にされるならば、またうれし。ともに伝統芸能にはまろうではないか。
なんちゃってね。
あれ、どこで読んだんだっけなと探すことが多いので、ここにたんたんと書き留めることにしました。最新あり、遅いのもあり。鷹揚のご見物を♪


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。